クレジットカード現金化の前の基礎知識

クレジットカード現金化はクレジットカードがあり、利用限度額いっぱいでなければ、持っている人は誰でもできる現金化の方法です。
また法律的にもグレーゾーンということですが、その理由や経済的にどのくらいメリットがあるのかなどを、まずは理解することから始める必要があります。
もともとクレジットカード自体は、便利なサービスですが、使い方によっては、現金よりも損をします。
賢い使い方をすると得をしますが、損をする場合もあるということを理解して、どうなれば損をするのかもよく理解します。
そうするとクレジットカード現金化が損か得かということがよくわかります。
クレジットカードの仕組みやシステムの理解が先決ということです。
人間の社会での日常生活では、何らかのメリットがあるからこそ行動を起こします。
クレジットカードではとくに経済的な使い方の意味があるので、本当に使うことで自分が得をするのかどうかを理解しておく必要があるわけです。

クレジットカード現金化はクレジットカードでショッピングをするという方法の亜流の方法のひとつです。
ショッピングをする代りに、お金を得ようとする行為です。
もともとのクレジットカードの利用方法ではない方法で現金化をするわけです。
クレジットカードはショッピングでも一括払いの場合には金利は付きませんので便利です。
しかし、リボ払いという分割での支払いになったとたんに高金利での支払いに転換します。
クレジットカードの会社は、リボ払いなどの方法で収益をあげます。
それはクレジットカードの会社が儲かっているということですが、現金化をすると、そのクレジットカードの会社を儲けさせるほかに、現金化してくれる業者にも手数料を支払います。
二重に手数料を支払うことになりますし、その手数料も高額です。
そしてそれを支払うのは、クレジットカードの持ち主である自分です。
その点を十分理解していると、割に合わない行動だということが誰にでもわかります。